ANOS-SOFT

Salesforce、RPGツクール、Unity、そんな雑記

お台場の企画展「GAME ON」に行ってきた話

www.fujitv.co.jp

これに行ってきました、友達4人で

企画展「GAME ON」とは

コンピュータやインターネットなどの情報技術とともに進化をつづけ、世界中のエンターテイメントを変えたテレビゲーム。 本展はその歴史を一望し、社会的・文化的意味、そして未来について考える企画展です。2002年に英・ロンドン市のバービカン・センターでの開催以来、世界中を巡回し200万人以上を魅了してきた「GAME ON」。 日本初上陸となる今回は、「ゲームってなんでおもしろい?」をテーマに、最新ゲームなどのオリジナルコンテンツを多数追加! リアルとの領域を越え、実社会に大きな影響を与えるようになったゲームの意味について来場者のみなさんと共に考えます。
(GAME ON公式ホームページより)

f:id:anos-soft:20160515225816j:plain

「ゲームってなんでおもしろい?」をテーマに、ゲームの歴史を感じる展示物とともに最新のVR技術にも触れられる。
そんな感じの場所だと思っていただけるといいかと…。

会場は東京都、ゆりかもめの「東京テレポート」駅から徒歩2分ほどの日本科学未来館です。

中にはなにがあるのか

企画展とはいうものの、目玉のVRを除けばほとんどは昔のゲームがたくさんあり、
それらを体感(プレー)出来るといった構成になっています。

写真を撮っていいのかわからなくてこそこそして何枚か撮ったのですが、暗すぎて掲載するにはちょっとあれな感じです…。
f:id:anos-soft:20160515225834j:plain


1~9のSTAGEに分かれており、STAGEが進むにつれてどんどん現在に近付いていく、といった構成でした。

記憶に強く残ったもの

まずはSTAGE1、こういった場ではお馴染みのPONGがありました。

f:id:anos-soft:20160515223021p:plain


とりあえず皆やってるし、やってみよう!といった感じでやってみるも
プレイして1分もたたないうちに皆飽きて交代してしまうのは見ていて面白かったです。

印象に残ったのは、PONG本体ではなくPONGからどうやってゲームが派生していったかという映像。
何気なく休憩用の椅子が用意されていたのですが、その椅子に座ると目の前の壁に映像が流れているんです。

口頭では説明しにくいですが、横向きの1:1のPONGというゲームを縦向きにして

相手をプレイヤーではなく壁にして、さらにその壁の1つ1つをブロックに見立てて崩していくゲームにした
それがブロック崩し(アルカノイド)だという話です、これには驚きました。

さらにブロック崩しのブロックの大きさを変え、ボールではなくミサイルが出るようにした結果
かの有名なスペースインベーダーの出来上がり、というところで震えてしまいました。


何気ない資料に感動する

実は、この座った時に見える壁。
この壁の上側はショーウインドウになっていて、上から覗き込むとちょっとした資料が入っていました。

これ、説明しにくいんだけど子供の死角になっていたのは何か意図があったんだろうか

成人男性なら気づくけど、女性なら気が付かない人がいてもおかしくない位置でした。
見てもCPUとかの資料が多かったから子供は楽しくないかもしれないけど
いくつかある資料のうち一つが、ゲーム雑誌の歴史でこれまた嬉しくなりましたね

ファミ通などのラインナップに並んで、ドルアーガの塔の攻略本が!!!!
f:id:anos-soft:20160515224201j:plain

ドルアーガといえばアーケード時代、ゲーセンの交流ノートで色々な人が攻略情報を書き込み
それで少しずつクリアしていく感覚が面白かったという伝説のあれですね。

このソフトのコンシューマ版がファミリーコンピューターで発売されたときに
バカほど売れたと噂の攻略本、なんと40万部も売れたそうです。
昔父親にこの話を聞いたときは特に何とも思わなかったんですが、今思うと凄い話だな…。

VRの技術に興奮する

STAGE9には今話題のVRがありました。

日曜だったこともあり、午前10時半には整理券がなくなってしまい
私たちはプレイできなかったのですが、VRの人が見ている画面がモニターに映されていて
この人はいまこの画面を見ているのか、と感じることはできました。

はっきり言いますが、あれ面白いです。本当に
新しいから面白いというのも確かですが、ゲームの世界に対する没入感がすさまじい

あれをまともにゲーム開発なんてされた日にはどっちが現実かなんてわかんなくなりますね
お願いだからレースゲームだけは出さないでほしいです、現実世界で変な運転されると困るので…。

まとめ

特にまとめるようなこともないですが、ゲーム作りのモチベーションは高まったかなと思います。
あー今日1日何も作ってないや、これはまずい。

広告を非表示にする