ANOS-SOFT

Salesforce、RPGツクール、Unity、そんな雑記

【第0回】UnityでVRシューティングを作ろう(準備編)

f:id:anos-soft:20161116201945p:plain

記念すべき第0回Unity講座。

自分も含め初心者および初学者に分かりやすく…とも思ったのですが

あくまでVRシューティングを作ろうのコーナーなので
Unityのインストールからなにやらまでやってるとキリがなくなってしまいます。

よって、まずは自分の開発環境を以下に載せることに


■OS
Windows8.1

■Unityのバージョン
Unity5.3.5

■使用したHMD
Tepoinnの安いやつ

■外部入力機器
↑のHMDと一緒に買われているとお勧めされたもの(Amazon)

■アプリのビルド先
Android



Tepoinn製のHMDは、HMDに画面がついているものではなく
スマートフォンをはめて、スマートフォン上でアプリを起動して
その中でVRをプレイすることになります。

デメリットとしてはやはり高価なものに比べて画質が劣るということと
スマホの処理能力に依存するので、あまり高負荷なアプリは作れない
という2点が主に上げられます。

一方メリットとしては、OcullusRiftやPSVRと違って
完全にコードレスな状態でHMDを付けることができるので
360度、場合によっては720度回転することも可能です。

「3弁回ってワンと言え」という動作を実現できるのはスマホVRだけ!



【ステップ1】
https://store.unity.com/ja


Unity公式から本体をDLします、Personalで全く問題ありません。


【ステップ2】
アカウントを登録します。


【ステップ3】
Unityを起動します。


後日画像を差し込んでもうちょっと分かりやすく説明しますが
最低限必要な準備はこれだけです。

前の記事:Unity5でVRシューティングを作った話
次の記事:【第1回】UnityでVRシューティングを作ろう(初期設定編)

広告を非表示にする