ANOS-SOFT

Salesforce、RPGツクール、Unity、そんな雑記

【Salesforce】認定Developer取得に向けて

なんか固定のあいさつがほしい、かもすぞーみたいな

はてさて、そろそろ業務でSalesforceを使い始めて2年が経つわけです。
そろそろ認定Developerの資格欲しいよね…と思う今日のこの頃

資格を持っているからといって、何かが大きく変わるわけではないけど
少なくとも、この2年間自分がしてきたことを客観的に評価してくれる

いや、他人に客観的に自分はSalesforceに対する知識があると証明する手段たりえるわけだ

ということで、早速試験について調べてみた


  • 認定Platformアプリケーションビルダー
  • 認定Platformデベロッパー

とるならこの2つのいずれかになるかと、

認定Platformアプリケーションビルダー
Force.com プラットフォームの宣言的カスタマイズ機能を使用したカスタムアプリケーションの設計、構築、リリースのスキルを習得していることを証明する認定資格です。
試験概要
試験形態: 多肢選択式 PC 試験
受験方法: 試験会場での監督付き受験
出題数/制限時間: 60 問/ 90 分
合格ライン: 63% 以上の正答数
試験料: 20,000 円 (税抜)

・Force.com のアプリケーション開発に関する基本的な知識を持っている
・Force.com の宣言型(ポイント&クリック)でのカスタマイズについて熟知している

認定Platformデベロッパー
Force.com プラットフォームでの宣言的およびApex、Visualforce のプログラミング的機能を含むカスタムアプリケーション開発スキルを習得していることを証明する認定資格です。
試験概要
試験形態: 多肢選択式 PC 試験
受験方法: 試験会場での監督付き受験
出題数/制限時間: 60 問/ 105 分
合格ライン: 68% 以上の正答数
試験料: 20,000 円 (税抜)

・Apex、Visualforce を使用したカスタムアプリケーションを構築できる

どちらも公式のホームページから引用させてもらいました。

なんとなく、アプリケーションビルダーの方がより入門的な内容な気がするし、
知っておくべきことの多そうな試験に見えるけど
実際に業務でやってる内容はバリバリApexとかだから、活かせるのはデベロッパーな気もする

うーん、どっちがいいのかわからん(どっちもとればいいとも言う)


とにかく、勉強しながら決めようと思っていた矢先いい感じのサイトを発見

Salesforce.com Certification Preparation | Salesforce.com Certification Practice Exams

簡単にいうと、練習問題が受けられるサイトみたいですね

たとえば、デベロッパー側の問題をちらっと見てみると

What is the name for an object that enables a many-to-many relationship between two other objects?

英語かよ!!

はい、海外のサイトだったんで仕方ないですね
そもそも、Salesforceは季節ごとにバージョンアップしてるから…この問題自体がいつのものかわからないのは事実ですが
勉強して損することはないだろうと思うので、少し着手してみようかと

いっそのこと、問題文と回答を訳しながら地道にブログに記載していこうかなあ…勉強にもなるし

広告を非表示にする